/

この記事は会員限定です

(大相撲)大栄翔、1敗守る 初場所10日目

正代薄氷、かど番脱出 遠藤下し「ホッとした」

[有料会員限定]

平幕大栄翔は北勝富士を突き出し、9勝目を挙げた。10日目を終えて平幕の単独トップは2001年秋場所の琴光喜以来。大関正代は遠藤を突き落として勝ち越し、かど番を脱出した。

かど番大関の朝乃山は玉鷲を寄り切って7勝目。大関貴景勝は左足首負傷による休場で負け越しが決まり、来場所は3度目のかど番となる。

大栄翔を1差で正代が追い、3敗で朝乃山、ともに平幕の明生、逸ノ城が続く。十両は初黒星を喫した剣翔が単独...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り543文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン