/

この記事は会員限定です

三井E&S、一時16%高

希少金属掘削巡り思惑買い

[有料会員限定]

19日の株式市場で三井E&Sホールディングスの株価が急伸し、一時前日比60円(16%)高の444円まで買われた。政府が南鳥島周辺の海域でレアメタルの掘削商業化を進める方針と一部報道で伝わり、個人投資家の買いが向かった。

終値は53円(14%)高の437円だった。報道を受け、子会社で海底資源の掘削設備を手掛ける三井海洋開発も一時4%高となった。同社は石油やガスの掘削で世界首位。「レアメタル掘削などに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り340文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン