/

この記事は会員限定です

八戸市長に聞く 漁獲増やし施設利用拡大

[有料会員限定]

青森県八戸市の小林真市長にEU-HACCPを取得した施設(A棟)の利用拡大策などについて聞いた。

――八戸市にとってA棟の意義は。

「国内で魚の消費量が減っていくなかで、八戸のブランド魚のサバを世界に販売していくには高度な衛生管理が必要になる。国の支援も得られたので、世界最高水準の衛生管理基準といわれるEU-HACCPの認証を取得したサバ専用の水揚げ施設を設けた」

――想定通りに稼働していません。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り406文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン