/

この記事は会員限定です

遺産分割で思わぬ課税 遺留分が「土地売却」扱いに

税理士 柴原一さん

[有料会員限定]

父の遺言で長男の私が全財産を相続しましたが、妹に「遺留分」を請求されました。遺産の4分の1の2000万円と評価される土地を渡したところ、所得税がかかりました。なぜでしょうか。

子供には親の遺産を相続する権利があります。被相続人の配偶者がすでに亡くなっていれば、基本的には遺産の評価額(時価)を子供の人数で均等に割った額が法定相続分となります。

実際の配分は遺言で自由に指定できますが、法定相続分の半分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り543文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン