/

この記事は会員限定です

ロシア外相「米との軍縮前進に期待」

日米同盟には懸念

[有料会員限定]

【モスクワ=共同】ロシアのラブロフ外相は18日、オンラインで記者会見し、20日に就任するバイデン次期米大統領との下で米ロ両国が軍備管理、軍縮分野で前進することに期待を表明した。一方で、日米同盟に改めて懸念を示し、米国によるミサイル防衛網と中距離ミサイルの国際的な展開に日本は巻き込まれていると主張した。

次期米政権との関係改善について、ラブロフ氏は「劇的な変化は期待しない」としながらも、バイデン氏は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り371文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン