/

この記事は会員限定です

「途上国にもワクチンを」

WHO事務局長、供給の偏り懸念

[有料会員限定]

【ジュネーブ=共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は18日、新型コロナウイルス感染症のワクチン供給に極端な偏りがみられるとして、発展途上国にも公平にワクチンが行き渡るよう求めた。これまでに先進国を中心に49カ国で3900万回が接種されたのに対し、低所得国は1カ国に25回分が提供されたのにとどまるとした。

18日に始まったWHO執行理事会の冒頭でテドロス氏は、製薬会社と各国のワクチンを巡る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り277文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン