/

この記事は会員限定です

「コロナ国会」召集 政権浮沈かかる150日

予算や五輪開催判断 3月ヤマ場

[有料会員限定]

通常国会が18日に召集され、菅義偉首相は初の施政方針演説に臨んだ。「新型コロナウイルス対策と経済の両輪」は消え、感染防止を最優先にした。会期末まで150日間の論戦に政権の浮沈がかかる。東京五輪の開催判断などが集中する3月がヤマ場になる。

関連記事政治面、施政方針演説の全文を施政方針演説特集面に

首相は演説の冒頭「まずは安心を取り戻すため、深刻な状況にある新型コロナを一日も早く収束させる」と訴えた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り890文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン