/

この記事は会員限定です

「政治とカネ」いたちごっこ 「抜け道封じ」繰り返し

小選挙区制の功罪 誤算の四半世紀

[有料会員限定]

衆院に小選挙区制を導入した目的には政党本位で政策を競う選挙への転換があった。並行して「お金のかからない政治」のため政治家の資金集めの制限と政党助成の制度をつくった。四半世紀を経て「政治とカネ」問題はいたちごっこが続く。

自民党の選挙対策委員長も務めた当選10回の河村建夫元官房長官。「中選挙区時代に比べて選挙に使うお金は半分になった」と振り返る。事務所やスタッフの数が少なくなり、建物の管理費や人件費...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1201文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン