/

この記事は会員限定です

(識者の見方)「喫緊」印象づけ 日本総合研究所副理事長 山田久氏

[有料会員限定]

山田久・日本総合研究所副理事長 冒頭で感染症対策について話し、喫緊のテーマであることを印象づけた。経済再生にも重点を置き、様々な点に目配りした内容となっていて評価できる。

国民の関心は新型コロナウイルス収束と経済との両方だ。実際には感染抑止と経済再生のどちらを優先するのかを局面で柔軟に決めていくの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り150文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン