/

この記事は会員限定です

(識者の見方)説明責任を意識 早大教授 ソジエ内田恵美氏

[有料会員限定]

ソジエ内田恵美・早大教授 「収束させます」「実施します」といった国民への約束や働きかけを示す「します」型が非常に多い。一方で「思います」「考えます」などの表現は極端に少ない。記者会見ではっきりしない語尾が目立ったが、演説は有権者への説明責任を意識したと評価できる。

「速やかに」「迅速な」など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り147文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン