/

この記事は会員限定です

投信売買手数料、大手証券が見直し

三菱UFJモルガン、乗り換え時無料に

[有料会員限定]

大手証券の手数料改革が加速している。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、投資信託の入れ替え時の手数料を無料にする仕組みを1月から導入する。同社では売買手数料がかからない投資一任サービスの「ラップ口座」を、個人向け営業の主軸にしている。顧客の運用ニーズによっては個別の投信も販売していたが、ここでも売買手数料からの脱却を進める。

三菱UFJ国際投信が19日から運用を開始する投信シリーズ「GRAN ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り458文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン