/

この記事は会員限定です

N国党首が無罪を主張

業務妨害など地裁初公判

[有料会員限定]

NHK契約者の個人情報を不正に入手、インターネット上に投稿してNHKの業務を妨害したとして、不正競争防止法違反と威力業務妨害などの罪に問われた「NHKから自国民を守る党」の党首、立花孝志被告(53)は18日、東京地裁(佐伯恒治裁判長)の初公判で「損害を与える目的はなく、正当な政治活動として行った」と無罪を主張した。

検察側は冒頭陳述で「NHKの信用失墜を目的として、契約者情報を撮影し、動画サイト『...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り209文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン