/

この記事は会員限定です

高島屋社長 村田善郎氏(上)

「百貨店とは」独で学ぶ

[有料会員限定]
 ■高島屋の村田善郎社長(59)の転機はドイツ赴任だった。

1985年に高島屋に入社し、日本橋店(東京・中央)の食品部門で輸入酒を担当しました。当時は婦人服などアパレル部門が花形で、食品はやっと「デパ地下」が広がり始めたころ。私自身は入社時から海外志向が強く、チャンスがあれば欧州などの小売業界を肌身で感じる仕事がしてみたいと思っていました。

機会が巡ってきたのは90年。ベルリンの壁の崩壊の後にドイツに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1078文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン