/

この記事は会員限定です

ロシアの反体制派指導者、拘束リスク承知で帰国

支持層の維持・拡大狙い

[有料会員限定]

【モスクワ=石川陽平】毒殺未遂疑惑の渦中にあるロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏が17日、療養先のドイツから帰国直後に司法当局により身柄を拘束された。拘束のリスクを知りながらも、プーチン政権による抑圧の「犠牲者」として支持を訴えるため、帰国を選んだとみられる。同氏の影響力を封じ込めたい政権には誤算となり、欧米の強い批判も招いている。

プーチン政権批判の急先ぽうに立つナワリヌイ氏は202...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り894文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン