/

この記事は会員限定です

中国EC大手 唯品会、不正競争疑いで調査

出展企業囲い込みか

[有料会員限定]

【広州=比奈田悠佑】中国の独占禁止法を管轄する国家市場監督管理総局はこのほど、不正競争行為の疑いで電子商取引(EC)大手の唯品会を調査すると発表した。同社を巡っては、出店企業を不当に囲い込んでいるとの批判が競合から出ていた。

唯品会はECプラットフォームの運営企業で、ネット大手、騰訊控股(テンセント)が出資している。国家市場監督管理総局は唯品会にどのような不正行為の疑いがあるかを明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン