/

この記事は会員限定です

株高、「金建て」で見る別世界 編集委員 高井宏章

[有料会員限定]

米国株は最高値の約4割の水準にすぎず、日経平均株価は30年前の3分の1ほどの安値圏で低迷――。妄想でもパラレルワールドの話でもない。現実との違いは尺度だ。ドルや円といった通貨単位ではなく、「金の重さ」に株価を換算すると、違った世界が見えてくる。

約3万1000ドルの米ダウ工業株30種平均に対して、ニューヨーク市場の金先物は1トロイオンス1800ドル台。ダウ平均は金換算で17トロイオンス弱となる。金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1001文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン