/

この記事は会員限定です

市場と企業 縮まる距離(上)新興、海外マネーで育つ

上場前から投資家と関係構築 知見吸収、調達額を左右

[有料会員限定]

間接金融が資金調達の中心だった日本企業は、伝統的に株式市場との距離が遠かった。直接金融の役割が強まり、銀行に代わって投資家を味方につけることが成長の条件になってきた。新規株式公開(IPO)や投資家向け広報(IR)、ESG(環境・社会・企業統治)の舞台で市場と企業の距離が縮まっている。

日本の新興企業が、積極的に海外株主を求めている。投資家の知見を取り入れ、大きく育つ足がかりにする狙いだ。

海外調達...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1318文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン