/

この記事は会員限定です

スマート農業、新時代育む 体験通じた就農増に期待

JA北海道中央会会長 小野寺俊幸氏

[有料会員限定]

北海道農業協同組合中央会(JA北海道中央会)の小野寺俊幸会長は北海道で普及してきたスマート農業に「時代が変わる」と期待をかける。新型コロナウイルスの影響で外国人技能実習生が入国できず、人手不足は深刻化。最新技術を生かしてどう競争力を引き上げるかを熱っぽく語った。

――スマート農業の導入が進んできました。

「スマート農業で誰もが農業に入ってこられるようになった。若い農業後継者にとっては『スマート農業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1022文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン