/

この記事は会員限定です

副業・兼業、容認49.6%

移住促す支援相次ぐ

[有料会員限定]

就職情報大手のマイナビが、採用人事担当者を対象に行った昨年8月の調査によると、回答1910件のうち49.6%が「副業・兼業を認めている」と答えた。新型コロナウイルスの感染拡大も副業には"追い風"で、昨春の緊急事態宣言を境に「副業・兼業を社員に認可した」か、または「今後導入したい」との回答は18.9%に上った。

多くの仕事を持つ働き方は、地方での注目度も高まっている。人口減が進む地方で就労者が多い農...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り508文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン