/

この記事は会員限定です

独与党、新党首にラシェット氏 メルケル路線継承

中道派、首相後継の軸に

[有料会員限定]

【ベルリン=石川潤】ドイツの与党、キリスト教民主同盟(CDU)は16日、新党首にメルケル首相に近く中道派のアルミン・ラシェット氏(59)を選出した。メルケル首相は2021年秋の政界引退を表明しており、今後、ラシェット氏を軸に次期首相争いが進む。中道路線の維持か保守回帰かが争点だったが、党員は変化より安定を選んだ。

新党首が次期首相になるには、会派内の首相候補争いと9月の連邦議会(下院)選挙という2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1265文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン