/

この記事は会員限定です

JPモルガン、10~12月最高益

経済見通し改善で引当金戻し入れ 低金利、不確実性なお

[有料会員限定]

【ニューヨーク=大島有美子】JPモルガン・チェース、シティグループ、ウェルズ・ファーゴの米大手3行は15日、2020年10~12月期決算を発表した。新型コロナウイルス禍で企業や個人の経済活動が制限されているにもかかわらず、JPモルガンは過去最高益を計上した。主因は融資先の破綻などに備える貸倒引当金の戻し入れだ。

当初想定より経済は好転したが、21年も低金利とコロナ禍の不確実性に向き合うことになる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り938文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン