/

この記事は会員限定です

首都圏を避け地元志向

[有料会員限定]

大手予備校によると、受験生の間では感染者数が多い首都圏の大学を避け、地元大学を志願する傾向が強い。厳しい経済状況を反映し、就職につながりやすい資格系学部も人気という。コロナ禍は受験生の進路にも影響を及ぼしている。

「本当は早稲田大に行きたかったが東京は感染者が多い。親とも相談して地元に残ることにした」。名古屋市内の私立高校に通う女子生徒(18)はため息をつく。

大手予備校の河合塾が昨年秋に実施した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り433文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン