/

この記事は会員限定です

トヨタ、米次期政権に配慮か

排ガス不適切報告で和解

[有料会員限定]

トヨタ自動車は14日(米国時間)、排ガスに関連した不適切報告を巡り、米司法省に約186億円を払うことで和解したと明らかにした。米当局がトヨタに対し民事訴訟を起こしていた。環境規制に厳しいバイデン政権が20日に発足する前に和解することで、環境問題へ真摯に取り組む姿勢を示したとみられる。

トヨタによると、2015年に自社で不適切な対応を確認し、米環境保護局(EPA)に報告していた。米国では大気浄化法に基づき、排ガ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り850文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン