/

この記事は会員限定です

大リーグ、移籍市場停滞

大物選手も去就未定 コロナ禍「資金使う球団減った」

[有料会員限定]

米大リーグの移籍市場は新型コロナウイルス禍で停滞が顕著だ。プロ野球巨人の菅野、日本ハムの西川はポスティングシステムでのメジャー挑戦が実現しなかった。ヤンキースからフリーエージェント(FA)になった田中、マリナーズからFAの平野、ロッテから海外FA権を行使した沢村も、いまだ所属球団が決まらない。

動きが鈍いのは近年の傾向でもある。それでも、昨オフはスポーツ専門局ESPN(電子版)のFA選手ランキング...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り341文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン