/

この記事は会員限定です

コロナ下、徴税強化が奏功

[有料会員限定]

フィリピン政府の2020年の徴税額が前年比15%減の2兆4300億ペソ(約5兆2400億円)となり、同年8月に設けた目標額を11%上回った。

物品税を引き上げた酒類やたばこ、甘味飲料の分野で徴税目標を超えた。新型コロナウイルスで経済活動が停滞するなか、徴税活動を強化し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り134文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン