/

この記事は会員限定です

自民、衆院補選で擁立見送り

元農相在宅起訴、首相「深く反省」

[有料会員限定]

自民党は15日、収賄罪で在宅起訴された吉川貴盛元農相の議員辞職に伴う4月の衆院北海道2区の補欠選挙を巡り、独自候補の擁立を見送ると発表した。山口泰明選挙対策委員長が記者会見で明らかにした。公明党も候補者を立てない方針で、与党の不戦敗となる公算が大きい。(1面参照

菅義偉首相(自民党総裁)は15日夜、在宅起訴に関し「大変に残念だ」と述べた。衆院補選での候補擁立断念については「今回の事態を重く受け止...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り599文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン