/

この記事は会員限定です

〈下期の財務戦略を聞く〉NTT、負債圧縮へ資産売却

ドコモの債権流動化も、島田明副社長兼CFO

[有料会員限定]

NTTドコモを完全子会社にしてグループの経営資源を一体化、世界展開のため体制を整えるNTT。資金調達のための1兆円の社債発行による財務への影響や海外事業の見通しを、島田明副社長兼最高財務責任者(CFO)に聞いた。

――ドコモ株の取得のため有利子負債が9兆円まで膨らみます。

「当面は国内でこれ以上の社債発行は考えていない。規模が大きくなりすぎると償還時期のバランスが難しくなる。調達はコマーシャルペーパー(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1016文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン