/

この記事は会員限定です

名古屋鉄道社長 安藤隆司氏 名駅の再開発着実に

[有料会員限定]

「新型コロナウイルスの感染状況と当社の売り上げは逆相関している。鉄道、バス、タクシーの乗客が減り運営するホテルやレジャー施設の利用も鈍るからだ。観光需要喚起策『Go To トラベル』が本格的に始まった2020年10~11月は回復傾向に転じた一方、足元の感染拡大で再び利用は落ち込んできた」

「感染収束は私たちの期待よりも時間がかかっている。21年も影響を受け続けるだろう。訪日外国人の数がコロナ禍前に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り543文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン