/

この記事は会員限定です

焼き肉・回転ずしも腰折れ 中部外食、12月の既存店売上高減

緊急宣言受け 客離れ 長期化懸念

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染第3波で外食各社がさらに打撃を受けている。2020年12月の既存店売上高は主要13社すべてが前年同月を下回った。全社の前年割れは感染第2波が強まった20年8月以来。政府は2月7日まで愛知、岐阜を含む11都府県に緊急事態宣言を出している。企業の会食自粛は長引き、これまで底堅かった焼き肉、回転ずしといったファミリー向けの店舗も腰折れが鮮明だ。

客離れは11月と比べても深刻だ。回...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り548文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン