/

この記事は会員限定です

虐待と向き合う

「命守る覚悟」問われる

[有料会員限定]

「でも信ぴょう性がね……」。虐待被害をにおわす児童の発言を巡り、学校内でいまだに発せられる言葉だ。そのたびに私は「同じ話を聞いた人数が多ければ、あるいは時間が経過しても繰り返し訴えてきたら、信ぴょう性があるのか」と問いかけてきた。

学校は虐待の「疑い」をつかんだ時点で児童相談所などに通告する義務がある。しかし、慎重にならざるを得ない事情もある。通告し児童が保護されたが、重大な虐待事案ではないと判断...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り569文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン