/

コロナ下でテレワーク実施の社員、働く意欲低下

チームでの仕事減、一因に コミュニケーション課題 リクルートキャリア調べ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大に伴うテレワークの実施で、働くモチベーションが低いと感じている人が2割にのぼることがリクルートキャリアの調査でわかった。なかでもチームでする仕事が減った人の意欲がより低下する傾向がみられた。職場で人との関わり合いが仕事への意欲を左右する重要な要素とされており、企業は社員のやる気を高める職場環境づくりが課題となっている。

調査は2020年9月にインターネットで実施した。2...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン