/

この記事は会員限定です

愛すべきかな研究者!

坂井修一

[有料会員限定]

研究者は変わり者が多い。私もそうかもしれないが、私なんかよりも、ずっと変わった人たちがたくさんいる。

まず服装。真冬にTシャツで裸足(はだし)などはまだ甘い。色彩がすごい。緋色(ひいろ)のシャツに真緑のスラックス。これがベルトをしていないので、歩くたびにずり落ちてくる。全体を見ると、壊れかけた信号機のようだ。

ヘアスタイル。達磨大師型。お茶の水博士型。鉄腕アトム型。貞子型(男です)などなど。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り650文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン