/

この記事は会員限定です

アンモニア低温合成 膜で効率よく分離

[有料会員限定]

東京工業大学 細野秀雄栄誉教授らは、従来手法より約100度低い温度でアンモニアを合成できる新触媒を開発した。ルテニウムとランタンの酸水素化合物を組み合わせ、セ氏300度以下で高活性な状態を長時間維持できる。同栄誉教授の触媒技術を使う東工大発スタートアップのつばめBHB(東京・中央)でのアンモニア製造に役立てたい考えだ。

つばめBHBは三菱ケミカルと共同で、製造時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り185文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン