/

この記事は会員限定です

カプセル内視鏡AI、がん発見「医師並み」に

[有料会員限定]

東京大学の研究チームは、カプセル内視鏡検査の画像から大腸のがんやポリープなどを素早く見つける人工知能(AI)技術を開発した。病変を約96%の精度で検知できる。撮影画像の読影に手間と時間を要するカプセル内視鏡で、医師の負担や見落としを軽減できる可能性が高い。読影支援AIは従来の内視鏡で導入が先行する。カプセル内視鏡で導入が進むと、普及に弾みがつく可能性がある。

カプセル内視鏡は、飲み込んで小腸や大腸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り758文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン