/

この記事は会員限定です

「終活」で後悔減らす

葬儀・墓 家族と相談

[有料会員限定]

終活の定義は「自分らしく最後まで過ごすために、元気なうちにエンディングの準備をすること」。葬儀や墓のことを思い浮かべる人も多いが、それだけではない。終末期の医療や遺言、エンディングノート、終(つい)の棲家(すみか)探し、自宅や家財の処分、遺品整理や生前整理など多様な分野に広がる。なぜいま終活が注目を集めるのか。

まず、背景には年間130万人以上も亡くなる「多死社会」がある。ピークの2040年には約...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り763文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン