/

この記事は会員限定です

江戸染まぬ 青山文平著

にじみだす市井の人の心情

[有料会員限定]

ラスト3行に物語の全ての思いを凝縮させた前作の長編『跳ぶ男』と同様、本書の7つの小編も終盤に向かって見事に収束していく。しばらくページをめくってもどんなオチが待っているのか想像もつかないストーリーテリングにはうならされる。

深く心を動かされるのは、登場人物の心情の揺らぎを我がことのように感じられるからだ。7編のどの主人公についても日常が丁寧に描かれる。セリフや地の文の行間からは彼らの心情がじわりと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り349文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン