/

この記事は会員限定です

雇用激変に備える(下) 雇調金に併せ求職者支援を

川田恵介・東京大学准教授

[有料会員限定]

再び新型コロナウイルスの感染拡大が深刻さを増す中で、対策強化が急がれている。同時に人々の社会生活への悪影響を緩和するために様々な経済・社会政策が議論、立案されている。

政策を立案するうえでの焦点の一つは労働市場にある。中でも仕事を探す労働者(求職者)や求人の動向が重視されてきた。求職者は就業者に比べても、経済・社会的に困難な立場にあるとみられる。立場の弱い家計にも届くきめ細かい政策対応を進めるうえ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2682文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン