/

この記事は会員限定です

ルノー会長「700万台生産」 日仏連合で車台共通化

開発コスト削減見込む

[有料会員限定]

【パリ=白石透冴】仏自動車大手ルノーのジャンドミニク・スナール会長は14日、日本経済新聞などのオンライン形式の取材に応じた。日産自動車三菱自動車との3社連合で車台の共通化を進め「数年後には、3社合計で700万台以上を共通の車台で作る」と語った。開発費や生産費を下げる効果を見込み、新型コロナウイルス禍で悪化した業績の回復につなげる。

直近の実績で単純計算すると、約8割の自動車を共通の車台で作る計算になる。日仏連合の現...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り432文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン