/

この記事は会員限定です

トヨタ、米当局に和解金

186億円、排ガス巡る不適切報告

[有料会員限定]

【ニューヨーク=中山修志】米司法省は14日、トヨタ自動車が排出ガスに関する適切な報告を怠っていた問題で、トヨタが1億8000万ドル(約186億円)の和解金を支払うと発表した。同社は2015年までに実施した排ガスに関わるリコール(回収・無償修理)などの情報を、米環境保護局(EPA)に正しく報告していなかった。

排ガスに関わる車両の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り159文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン