/

この記事は会員限定です

コロナ対策罰則 医学会など反対

[有料会員限定]

日本医学会連合は14日、新型コロナウイルス対策で検討されている感染症法改正を巡り、感染者の入院強制のほか検査や情報提供を義務付け、違反した場合に刑事罰や罰則を設けることに反対する緊急声明を出した。日本公衆衛生学会と日本疫学会も同日、同様の声明を連名で公表した。

同連合は医学界の主要約130学会で構成し、各学会に所属する会員は計約100万人。

新型コロナの対応では入院措置に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン