/

この記事は会員限定です

軽井沢バス事故5年「企業の責任は」究明求め

遺族、再発防止を期待

[有料会員限定]

大学生ら15人が死亡し、26人が重軽傷を負った長野県軽井沢町のスキーバス事故から15日で5年となった。運転ミスだけではなく、運行会社やバス業界全体の問題が背景にあったと指摘され、国は再発防止策を進めてきた。遺族は刑事裁判で組織的な原因が究明されることを望み、運行会社社長らの起訴を求め続ける。「事故を二度と起こさない」という願いが薄れることはない。

「事業規模の拡大の中で、安全を軽視した事業運営を行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り964文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン