/

この記事は会員限定です

海外進出企業 国際仲裁担う ダグラス・フリーマン氏

[有料会員限定]

国内の市場規模が縮小傾向にあるなか、初めて海外に進出する日本企業も増えている。米国籍のダグラス・フリーマン弁護士は国際的な契約と紛争を手がけるほか、国際仲裁の仲裁人も務める。「海外進出した企業の半数は紛争に巻き込まれる。3つの分野を有機的に活用して知見を深め、企業に的確に助言したい」と話す。

東京で生まれ、幼い頃からバイリンガル教育を受けた。東大法学部卒業後、ゴールドマン・サックス証券に入社したが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り494文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン