/

この記事は会員限定です

高額馬アドマイヤビルゴ、素質光る

日経新春杯

[有料会員限定]

日経新春杯は今回で68回目を迎える、年明け恒例の伝統ある重賞。ただ、例年の舞台である京都競馬場が改修工事中のため、2021年は中京芝2200メートルで実施される。今週の中京では16日に牝馬限定の芝2000メートルのG3・愛知杯が組まれている。17日の日経新春杯と、2日連続でハンディ戦の古馬重賞が同じ競馬場で行われることになった。

牝馬限定の重賞が前日に行われることもあって、日経新春杯では牡馬が上位...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り669文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン