/

この記事は会員限定です

超長期金利に低下圧力

30年債利回り、3週間ぶり低水準

[有料会員限定]

償還までの期間が10年より長い超長期国債の利回りが低下している。14日の国内債券市場で新発30年物の国債利回りは一時およそ3週間ぶりの低水準で推移した。生命保険会社が年度末に向けた買いに動いており、利回りの低下につながっている。

14日の債券市場で新発30年物国債の利回りは、3週間ぶりの低水準である前日から横ばいの0.630%で一時推移した。新発40年物国債は一時、前日比0.005%低い0.665...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り512文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン