/

この記事は会員限定です

出光、50年にCO2ゼロ

製油所で削減、回収技術も開発へ

[有料会員限定]

出光興産は2050年に自社の事業活動からの二酸化炭素(CO2)排出を実質的にゼロにする「カーボンニュートラル」を目指す。木藤俊一社長が14日までに日本経済新聞の取材で明らかにした。製油所などからの排出量削減策を軸に、回収や再利用を通じた排出の相殺や再生可能エネルギー事業の強化など脱炭素関連の取り組みを拡大していく。

5月をめどにカーボンニュートラルの具体策を取りまとめる方針だ。現時点で必要となる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り726文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません