/

この記事は会員限定です

四国の景気判断上げ

日銀1月 生産「持ち直しの動き」

[有料会員限定]

日銀は14日に発表した1月の地域経済報告(さくらリポート)で、四国の景気についての総括判断を、新型コロナウイルスの影響から一部に足踏み感もあるが「全体としては持ち直しの動きがみられている」に引き上げた。上方修正は2018年4月以来11四半期ぶり。水準は低いものの生産で持ち直しの動きがみられたが、12月以降にサービス消費が落ち...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り161文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン