/

この記事は会員限定です

三重県、空飛ぶクルマ実験して

21年度から、海外メーカー呼び込む

[有料会員限定]

三重県は2021年度から「空飛ぶクルマ」の実証実験を本格誘致する。事業協定を結んだ東京海上日動火災保険のネットワークを活用し、海外の機体開発メーカーを広く呼び込み、空飛ぶクルマの実用化を後押しする。

県はこのほど、民間ヘリコプターを使った志摩市~中部国際空港(愛知県常滑市)のデモンストレーション飛行をした。名古屋鉄道グループやANAホールディングスも協力した。空飛ぶクルマの実証実験に最適な飛行ルートを策定し、新たな観光ビジネスの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り332文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン