/

この記事は会員限定です

文芸春秋や光文社の漫画進出

BLや名作小説、コミックに

[有料会員限定]

文芸などに定評のある有力出版社の漫画参入が相次いでいる。文芸春秋や光文社がこの2~3年で、オリジナル作品のネット配信や既刊小説の漫画化に乗り出した。出版低迷の中で成長する電子コミック市場をねらう。

光文社は2021年、3つの漫画サイトを開設し、新規レーベルも立ち上げた。主に若い男性を読者とする「COMIC熱帯」などがあるが、好調なのは男性同士の恋愛を描くボーイズラブ(BL)作品に絞った「comi...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り816文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません