/

この記事は会員限定です

地方こそ中小企業の戦略的育成を

デービッド・アトキンソン 小西美術工芸社社長

[有料会員限定]

これからは、高齢者が減らない中で生産年齢人口が約4割も減る。日本では7割弱の労働者は中小企業で働いていることから、生産性を向上させるには、他の先進国以上に中小企業の役割が大きい。

中小企業政策は、企業数に占める割合が大きい地方の経済政策と密接な関係にある。中小企業で働く労働者の比率は全体で68.8%だが、最も低いのが東京の41.3%、最も高いのが鳥取県の94.2%である。東名阪地域を除けば、中小企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1038文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン