/

この記事は会員限定です

かつての社交場 地域交流の拠点

名古屋・覚王山の揚輝荘

[有料会員限定]

名古屋の「住みたい街ランキング」で上位に入る街、覚王山。付近にはおしゃれなカフェや雑貨店が立ち並ぶ。その中心部から少し外れたところに山荘風の建物が見えてくる。その名は揚輝荘(ようきそう)。陶淵明の漢詩の一部「秋月揚明輝」から取ったとされる。新型コロナウイルス禍で来訪を敬遠する人などに向け、インターネットを活用した情報発信にも力を入れている。

中核の建物「聴松閣」はピンク色に近いが、正確には「べんが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン